平和構築に貢献した個人や団体を表彰する「第4回鮮鶴平和賞」授賞式が5日、韓国の国際展示場「KINTEX」で開かれている「ワールドサミット2020」の中で行われ、今年の受賞者であるセネガル共和国のマッキー・サル大統領とキリスト教ルーテル世界連盟のムニブ・ユナン元議長に記念メダルなどが授与されました。

今回の授賞式は、UPF創設者である文鮮明総裁の生誕100周年を記念して「創設者特別賞」も設けられ、潘基文(パン・ギムン)国連前事務総長が受賞しました(=写真下)。


受賞者スピーチを行った潘氏は「世界では多国間の協力が非常に重要になっているが、自国優先主義が広がり、人権が脅かされている」と指摘。そのうえで、環境問題がますます深刻化している現状に触れ、「このような挑戦を乗り越えるためには、世界市民のパートナーシップ拡大と協力を推進しなければならない」と訴えました。

また潘氏は「いま私は国連事務総長ではないが、国連でやっていた活動を持続しつつ、地球温暖化の克服など社会活動を続けていく」と決意を述べました。

一方、ユナン氏(=写真下)は受賞者スピーチで、「宗教は対話と正義、共生のために存在する。宗教の役割は人種や民族を問わず共通の価値を追求することだ」と語りました。さらに朝鮮半島の分断について、「私たちは皆、神の下では同じ人間だ。分断は常に悪いものであり、統一は必然的なもの。次第に段階を踏んでいけば、いつか半島は一つになるだろう」と強調しました。

サル大統領は国内の日程で出席できず、アマドゥバ・セネガル外相が代理で授賞式に出席(=写真下)。ビデオメッセージを寄せたサル大統領は、鮮鶴平和賞を受賞した感想を「平和と人類の兄弟文化を作りなさいという奨励の意味と考えている」とし、「この賞をセネガル国民に捧げたい」と述べました。また、賞金全額をアフリカ連合(AU)の平和基金に寄付する考えを示しました。


また同日午後にはワールドサミットの分科会が開かれ、世界各国の元・現職首脳たちで構成する「世界平和頂上連合」(ISCP=International Summit Council for Peace)やファーストレディーたちでつくる「世界平和ファーストレディー連合」(IAFLP=International Association of First Ladies for Peace)などの会合が開かれ、「共生・共栄・共義」の普遍的な価値を広め、世界平和を実現するための方策などが話し合われました。