中東平和イニシアチブ

2014.5.16|中東平和イニシアチブ

 2014年5月12~16日、中東平和イニシアチブ(MEPI)が開催され、約20カ国から160人の平和大使など各界の指導者が参加した。テーマは「平和と開発のための対話と協力」。今回は「女性が母の心で平和構築を先導しよう」をテーマに、2004年5月に主に女性指導者が中心となって、イスラエルで開かれたMEPIの10周年記念行事として位置づけられた。 13日、シリアとの国境近くの都市サフェドにあるジブ病院を訪問。ジブ病院は2011年から続いているシリア騒乱で負傷したシリア人280人が入院しており、救命治療を施されている。病院スタッフからは、シリア人が置かれている厳しい現状が説明された。翌14日、イスラエル国会で、「平和構築に関する女性の重要な役割」をテーマとするシンポジウムが行われた。 15日、三大宗教であるユダヤ教、キリスト教、イスラムの聖地のあるエルサレム旧市街のヤッフェ門から嘆きの壁までのルートを、参加者全員で平和への祈りを捧げながら行進した。