韓国ソウルで国際指導者会議

2014.2.13|国際会議

 2014年2月9日~13日、韓国ソウル市内のホテルで、UPFなどが主催する「平和と人間開発の新たなパラダイムを求めて」と題した国際指導者会議(ILC)が開催された。 「平和の世紀」到来が期待された21世紀。しかし、現実には依然として未解決の領土紛争や、部族・民族間の葛藤、宗教がらみの摩擦、さらに核兵器開発をめぐる緊張など、地域や世界の平和を脅かす事態が少なくない。歴史を転換して希望を持てる時代を開くために、人類はいかなる知恵を発揮し努力をするべきか。UPFや、共催団体である世界平和統一家庭連合、世界平和女性連合などの呼びかけに応え、世界50カ国から3人の元首級代表をふくむ165人の各界指導者が出席し、白熱した討議が展開された。